佐藤琢磨を応援する「TRT Communication」公認倶楽部。
基本的には家庭内で虐げられている亭主達による共有ブログですが…「大馬鹿者! 亭主とはこうあるべきなんだよ」という正真正銘の亭主関白の方や「だらしない亭主たちに喝!」という奥方の参加もOK!

参加を希望(エントリー)されるメンバーさんは
seesaaのアカウントを取った上でこちらにお知らせください。

また、よくわからない、という方はここからのエントリ投稿も受け付けます。
ただし、管理人がさぼったりするので、多少のタイムラグはご勘弁ください。

皆様の積極的ご参加をお持ち申し上げております。


※あくまでもご参加は、TRT Communicationのメンバーさんに限らせていただきます。

2007年12月18日

遅くなりましたが・・・

下に、ジムカニアンさんの残念なニュースもあった事だし、ちょっと躊躇しましたが、あえて書きたいと思います。
遅くなりましたが、ちょうど、2週間前の12月3日に、奥さんが長女「優花(ゆうか」を出産しました!

3969グラム、52センチのビックな赤ちゃんです(*^_^*)

ホントにホントに嬉しいです(*^_^*)

嬉しい理由は・・・
実は奥さん。一昨年と去年と、2回続けて流産しました。
1回目は、心拍が確認される前。
2回目の検診の1日か2日前。突然出血し、そのまま成す術もなく・・・

1回目の時、当時の先生から
「何パーセントの確率でそういうこともあります。パパもママも悪い訳ではないんですよ。
例えこのまま流産を食い止めて生まれることが出来ても、『普通の暮らし』は出来ない子に生まれてきます。『生まれてはいけない子』だと赤ちゃんが自分で判断したんですよ」
と言われました。

ホントに悲しかった。何にも出来ない自分達に。でも「何パーセント」という言葉に少し救われて、何とか立ち直りました。

そして2回目の妊娠。
順調に心拍を確認できる所まで行きました。
2回目の検診のとき、心拍は確認できませんでした・・・

「何パーセントの確率」でも2回連続だと、「ホントに子供は無理ではないのか?」
と1回目以上に落ち込みました。
先生も
「次もダメならママは勿論パパも検査を受けた方が良いですよ。」と言われてさらに落ち込み・・・

で3回目。生まれた子の妊娠です。
実は、3回目の時も初期で軽い出血がありました。
今度は「悪いイメージ」を払拭する為(前の先生のせいではないのですが・・・)と、迅速に対処する為に奥さんの実家の近くの病院ではなく、自宅から歩いて数分の古い産婦人科に行くことにしていました。

そこの先生には2回の流産の事を事細かに話していたので、迅速に、通院回数も普通の妊婦さんの倍に増やして、早め早めの処置で、難を逃れる事ができました。

いざ、出産間際になると、少しリスクの高い出産になりそうな可能性がある事がわかり、町内の総合病院での出産を勧めてもらい、ママも必要以上に心配してしまいましたが、無事、総合病院で出産する事が出来ました。


2週間経ちました。まだ首は据わっていないのに、首を横に振ったり、手をブンブン振ったり、足をバタバタさせて布団を蹴っ飛ばす、とっても『やんちゃ』な女の子です(汗)

生まれた子はホントにカワイイです!世界一カワイイ!
この先、ホントにこの子の為に生きていこう!と本気で決意しました。

ジムカニアンさんの所は残念でしたが、きっと大丈夫!
必ず明るい未来が待ってます!!
ウチが大丈夫だったんです!絶対良い結果がジムカニアンさんの所にも必ず良い知らせが来ますよ!!
だから気を落とさず、元気を出してくださいね!!
hiro_a_50.gif

posted by HIRO at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。