佐藤琢磨を応援する「TRT Communication」公認倶楽部。
基本的には家庭内で虐げられている亭主達による共有ブログですが…「大馬鹿者! 亭主とはこうあるべきなんだよ」という正真正銘の亭主関白の方や「だらしない亭主たちに喝!」という奥方の参加もOK!

参加を希望(エントリー)されるメンバーさんは
seesaaのアカウントを取った上でこちらにお知らせください。

また、よくわからない、という方はここからのエントリ投稿も受け付けます。
ただし、管理人がさぼったりするので、多少のタイムラグはご勘弁ください。

皆様の積極的ご参加をお持ち申し上げております。


※あくまでもご参加は、TRT Communicationのメンバーさんに限らせていただきます。

2007年10月31日

お初です。

ども、ジムカニアンです。

長らく放置していましたが(笑)参加させていただきます。




初の参戦ながら、少し趣向違いで、重い内容かも知れませんが、
ご了承ください。



先日、嫁が流産してしまいました。
ちょうど、3か月目に入ったところでした。
特に何か問題が有った訳でも無く、医師の話によると
3%位の確立で有る事だそうです。

その日ばかりは、普段泣く事が無い嫁が号泣しました。
オイラは何もしてやれなかった。
ただ、黙って肩を寄せて・・・・・・・・。




無事に手術も終わり、しばらくは家事はオイラが頑張りました。
その位しかしてあげられないから・・・。

今は、嫁の体調も普段と変わらない生活に戻りました。
昨日から、仕事も復帰しました。
すっかりいつも通りの生活に戻りました。





オイラ、何もしてあげられなかった。
嫁にも、生まれて来られなかった子にも・・・・・。





いや、こんな時に男がどうにも出来ないのは分ってるんです。
事情を知ってる人からは、
「出来るだけ傍に居てあげる」のが一番だとみんなに言われました。

それは分かってる。


分ってるよ。












でも、

何もしてあげられなかった。











ウチは結婚した時期も年齢も、お互いに遅かったから、
嫁は不妊治療を受けてました。
その末の妊娠でしたから、喜びもひとしおでした。
まだ、安心は出来ないから・・・と極々一部にしか話してませんでしたけど。


ただ、キチンと着床したと言う事実は、一筋の光明ではあります。
また頑張るしかありません。







今年、モータースポーツ界を立て続けに襲ったアクシデント。
ラリー界のカリスマ、コリン・マクレー
国内二輪の、沼田選手、奥野選手、そしてノリック。

別に、知りあいだとか、面識が在る訳じゃない。
自分の大好きな世界の、憧れの人、ワクワクさせてくれた人でした。

そして、今回の一件。


人の、命の尊さを、30半ばで改めて知りました。
posted by ジムカニアン at 11:15| Comment(14) | TrackBack(1) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。